ヴィンテージ家具を探しに②~自由が丘、表参道周辺の家具店・雑貨屋巡り

ヴィンテージ家具探しの第2弾は、自由が丘、表参道周辺です。

自由が丘、表参道周辺にはインテリアショップがたくさんあるのですが、その中にはヴィンテージ家具を扱っているお店もあります。

わたしが好きな家具店・雑貨屋を中心に、この2つの地区をご紹介します。

表参道

■自由が丘のおすすめ家具店・雑貨屋はこちら

まずは、自由が丘のインテリアショップに行ってみましょう。

わたしが一人暮らしをする際にお世話になったショップは、多くの支店を持つT.C/タイムレスコンフォートです。

今でも家での電気交換の際などに大活躍しているドイツ製のステップスツール・マキシボーイを購入したのは、この店だったと思います。

カフェスペースもあるので、ゆっくり過ごすことができます。

ダルトンのキッチンスケールも一人暮らし用に購入しました。

その当時は自由が丘にお店は無かったのですが、昨年、5フロアある店舗が誕生したようです。

キャトル・セゾン・トキオではメープル材ドレスラックという、ハンガーにつるした洋服をかけることのできる簡易家具を買った他、まだそこまでメジャーでない時、紅茶店・カレル・チャペックの商品をここで初めて購入しました。現在はトレインチにお店があるので、そちらの方が、品揃えが良いと思います。

キャトル・セゾン・トキオの隣には、和の商品を中心に扱う、姉妹店の「私の部屋」もあります。

多くの支店を持つIDEE SHOPは、現在、自由が丘の店舗が旗艦店になっています。

MOMO naturalはオリジナルの天然木の家具を販売しているお店です。

KEYUCAはカーテンの種類が豊富なインテリアショップ。

ちょっと自由が丘から離れますが、D&DEPARTMENTの1号店も近所にあります。

目黒通りにもあるアクメファニチャーには、もちろんアメリカのヴィンテージ家具も販売されています。

■表参道周辺のおすすめ家具店・雑貨屋はこちら

次は、表参道周辺のインテリアショップに行ってみましょう。

まずは、今は無くなってしまったF.O.B COOPでは、フランス製のグラス・デュラレックスのことを知り、
1人暮らし時代から今まで愛用しています。

今は恵比寿に移転してしまったファーマーズテーブルも、同潤会アパートにあった時代(現在は表参道ヒルズになっています)から通っていました。

骨董通り近くのMaduでは、キッチンクロスやミニ柳行李っぽいものを購入。

作家さんの作った品物が多く売られたZakkaやスパイラルの中に入っているスパイラルマーケットも好きな雑貨屋さんです。

2016年にリニューアルオープンしたメゾンオルネドフォイユでは、アスティエ・ド・ヴィラットの食器の他、
ヴィンテージ家具も購入することができます。

いくつか支店のあるH.P. DECOでも、主にヨーロッパのヴィンテージ家具を購入することが可能。こちらでも、
アスティエ・ド・ヴィラットの食器を購入することができます。

ツェツェアソシエのLEDキューブランプ マルチカラーを知ったのもこちらで、ちょっとお高めですが、面白いものがいろいろ揃っています。

Bazar et Garde-Manger(バザー・エ・ガルド・モンジェ)は、フランス人バイヤーがセレクトした雑貨を購入できるお店で、南フランスで買い付けたヴィンテージ家具も購入することができます。こちらはH.P. DECOのグループショップです。

SEMPRE AOYAMAは、骨董通りにある、機能的でありながらデザイン性もある家具や雑貨が販売されているお店です。
メゾンドゥファミーユは、パリのサンジェルマンデプレに行った時、前を通った気がするのですが、青山本店には行ったことがありません。1998年オープンだそうです。

プレイマウンテンは2000年にランドスケーププロダクツがオープンしたお店で、オリジナル家具以外にミッドセンチュリーのヴィンテージ家具なども販売しています。

Kinoは、ピンクやグリーンなどパステルカラーの棚や猫足の白いドレッサーなど、ちょっと女の子が好きそうなクラシカルでロマンチックなヴィンテージ家具も販売されているお店です。

青山には、目黒にあるロイズ・アンティークスもあり、こちらでもヨーロッパのヴィンテージ家具が販売されています。

■家具店・雑貨屋巡りはぶらぶら歩きがおすすめ

自由が丘、表参道周辺には、まだまだ注目のショップがいろいろあります。

散歩のついでに気になる店を発見するのも楽しいもの。

ぜひ、時間を気にせず、ぶらぶら歩きしてみてくださいね。