ヴィンテージ家具をインテリアに取り入れる時に、テキスタイルを使ってみる

ベッド

ヴィンテージ家具をインテリアの一部として使う際、何かそこだけ重量感があり過ぎて、部屋の中で浮いている、と感じることもあるかも。

そんな時、テキスタイルを使うことで部屋に統一感を与えることができるかもしれません。

ベッド

■テキスタイルって何?どう使う?

テキスタイルとは「織物」や「布地」を指す英語で、「染物」や「編物」も含まれるようです。

大ざっぱにいうと、布関係全般でしょうか。

特に、白・黒・茶などシンプルで派手さの無い家具をインテリアに使う場合、テキスタイルを使うと華やかさを出すことができると思います。

テキスタイルの主な使い方としては、例えば、

  • ヴィンテージ家具の下に敷くラグとして使う、
  • 和箪笥や鏡台などのヴィンテージ家具の上にかける、
  • ソファやテーブル、ベッドのカバーとして使う、
  • カーテンとして利用する、
  • クッションカバーや額に飾ってインテリアとして利用、
  • 壁にタペストリーとして掛ける、

などがあります。

家具の下に敷く場合、模様替えを頻繁に行わない場合はカーペットを敷いてもよいのかもしれませんが、床がフローリングであったり、たまに模様替えをしたりする場合、ラグや中近東系のギャッベやキリムなどの敷物を敷くと、気軽に雰囲気を変えることができると思います。

和箪笥や鏡台などのヴィンテージ家具の上にかけるテキスタイルとしては、大判の風呂敷や骨董市で買ってきた布地、ウィリアム・モリスのテキスタイルなど正統派も合いますが、ちょっとはずしてマリメッコのような北欧のファブリックを使うのも面白いかもしれません。

柄の無いソファやテーブル、ベッドのカバーとして使うのは、ちょっとカラフルなものや柄が入ったもの。

カーテンとして利用する場合、部屋の壁が白一色などシンプルならば、カラフルなものや柄が入ったものを利用しますが、柄の入った壁紙が貼られている部屋や壁の色がカラフルならば、逆に白などのシンプルなものが良いでしょう。

壁紙に使われている色の中から一色を選んで、その色のカーテンにするというのも部屋に統一感が生まれると思います。

クッションカバーや額に飾ってインテリアとして利用する場合、これも柄オン柄にならないように、椅子やソファに柄や色がなければカラフルで柄の入ったものを、逆に椅子やソファがチェック柄などの場合は、単色のテキスタイルを使います。

シンプルな木製の額にカラフルなテキスタイルを入れて壁に飾れば、ちょっとしたインテリアになります。

和の部屋ならば、古布を使ってつるし雛を作り、天井からつるすのもアクセントになるかもしれません。

壁からタペストリーとして掛ける場合、絨毯のような織物を飾ると重厚感が出ると思います。

逆に、軽さを出そうとするならば、タペストリーではなく、壁に麻ひもをつるし、そこに木製のクリップでテキスタイルをとめて飾るとか、ちょっと前にはやった、布製のフラッグガーランドを壁に飾る、などの方法があります。

■テキスタイルはどこで見つける?

ちょっとアンティークっぽいテキスタイルを見つけるには、和風のものならば骨董市がおすすめです。

わたしが好きな骨董市は、年4回開催の平和島の骨董市、月1回開催の大和の骨董市、そして富岡八幡宮の骨董市です。

どこの骨董市でも着物のはぎれを発見することができますし、和のヴィンテージ家具も売られています。

アンティークレースなどは、欧米の品物を多く取り扱った骨董市で見かけることができるかもしれません。

洋風のアンティークっぽいテキスタイルは、ヴィンテージ家具を販売しているインテリアショップで売られているケースもあります。

普通のテキスタイルならば、日暮里の繊維街・ユザワヤなどは種類が多く安いと思います。

おしゃれなものが欲しいならば、自由が丘のFIQ、自由が丘と吉祥寺のCHECK&STRIPEなどで見つけることができます。

■テキスタイルで部屋のおしゃれ度アップ!

テキスタイルを部屋のアクセントとして使ってみませんか?

そうすれば、今よりももっと魅力的な部屋になるかもしれませんよ。

パリの女性の部屋や、海外のプチホテルのインテリアをお手本に

パリ

部屋のインテリアを考える場合、どんな部屋にしようか悩むこともあると思います。

そんな時、インターネットや雑誌などが参考になります。

パリの女性の部屋や海外のプチホテルのインテリアをそのまま取り入れるのは難しいかもしれないですが、センスの良い部屋にしたいと考えているならば、ぜひチェックしてみてください。

パリ

■フランスの女性誌の日本版がおすすめ

パリの女性の部屋がどんな感じかチェックするには、フランスの女性誌の日本版が一番適していると思います。

わたしがよく買っていたのは「フィガロジャポン」です。

もし「雑誌を買うのはちょっと…」という方は、まずはインターネット版でお試しあれ。

インテリア関係の情報はあまり充実していないですが、パリのお部屋が載っているので、インテリアを考える参考にはなると思います。

「エルジャポン」も結構読んでいました。

こちらのインターネット版には「エルジャポン」の姉妹雑誌「エルデコ」の情報が載ったページがあります。
「ハウスキーピング術」という項目は、特にインテリアを考える上で参考になりそうです。

2年前の記事ですが、「保存版! 居心地のいい部屋づくりTIPS」の中に、パリジェンヌ的インテリアのための6つの極意という記事があるので、こちらは要チェックです。

パリジェンヌたちの部屋には、祖父母や両親の代からのヴィンテージ家具が使われているケースが多く、それにイケアなどの新しい家具をミックスして、部屋を自分なりにコーディネートしているようです。

骨董市でヴィンテージ家具などのインテリア用品を購入する他、粗大ごみ(!)を拾って活用することもあるのだとか。

パリに行った時、ヴァンブの蚤の市に行き、そこでは見かけなかったのですが、クリニャンクールでは、ヴィンテージ家具も売っているようです。

これは、パリの住人の多くが年代物の建物に住んでいることも関係しているかもしれません。

とすれば、古民家やURの団地など、少し古い建物の方が、ヴィンテージ家具との親和性も高いと言えます。

他の雑誌では、「ヴォーグジャパン」のインターネット版のインテリアの項目も参考になると思います。

「ヌメロトウキョウ」のインターネット版のライフスタイル欄には、「私的パリのおすすめホテル、LE ROCH」という記事も掲載されていました。

この記事によると、DESIGN HOTELSというグループのホテルは、デザインがおしゃれなホテルが多いのだとか。

ジュウ・ドゥ・ポゥムが発行している本のシリーズも、パリを中心にヨーロッパの部屋を特集した内容が多いので参考になると思います。

他に、わたしは使ったことがないですが、Airbnbにはおしゃれな部屋がたくさん載っています。なので、こちらもインテリアの参考になるかもしれません。

■ストックフォトのサイトをチェック!

他には、ストックフォトのサイトでもパリの女性の部屋を見ることができます。

オススメのサイトは、シャッターストックやゲッティイメージズです。

どちらも写真の画質がきれいで、シャッターストックは「パリ 部屋」のキーワードでたくさん写真が登録されていること、ゲッティイメージズは「パリ 部屋」のキーワードで検索すると、「Prestige写真」という項目に、ヴィンテージ家具の使われた部屋で撮影された写真が登録されているためです。

他のストックフォトサイトにも写真はいろいろ登録されていると思いますので、いろんなサイトを覗いてみてはいかがですか?

本屋で洋書や洋雑誌を立ち読みするとか、気に入ったら買ってみるのも良いかもしれません。

東京の場合、青山ブックセンター本店はかなり洋雑誌が充実していました。

古本の場合、神保町のマグニフというお店は、フランス版のヴォーグなど、海外のファッション系の雑誌が多く揃っています。

■海外のプチホテルのインテリアをチェックするには?

わたしが気になっているのは、Tablet.というホテル予約サイトです。

旅のアイデア、という項目の中に、「一人旅の時こそ訪れたいホテル」・「泊まりたいのは、アパート風のホテル。」などが載っていて、おしゃれなプチホテルもたくさん掲載されているからです。

もちろん、パリのホテルのインテリアも見ることができます。

「フィガロジャポンヴォヤージュ」という旅関連のムックも、ホテルのインテリアをチェックするのに向いていると思います。

■自分ミックスを効かせて

参考になる資料をチェックしたら、さっそく自分の部屋のコーディネートを開始してみましょう。

オリジナル感を出すために、ヴィンテージ家具もインテリアにぜひ取り入れてみてください。

ヴィンテージ家具を探しに②~自由が丘、表参道周辺の家具店・雑貨屋巡り

表参道

ヴィンテージ家具探しの第2弾は、自由が丘、表参道周辺です。

自由が丘、表参道周辺にはインテリアショップがたくさんあるのですが、その中にはヴィンテージ家具を扱っているお店もあります。

わたしが好きな家具店・雑貨屋を中心に、この2つの地区をご紹介します。

表参道

■自由が丘のおすすめ家具店・雑貨屋はこちら

まずは、自由が丘のインテリアショップに行ってみましょう。

わたしが一人暮らしをする際にお世話になったショップは、多くの支店を持つT.C/タイムレスコンフォートです。

今でも家での電気交換の際などに大活躍しているドイツ製のステップスツール・マキシボーイを購入したのは、この店だったと思います。

カフェスペースもあるので、ゆっくり過ごすことができます。

ダルトンのキッチンスケールも一人暮らし用に購入しました。

その当時は自由が丘にお店は無かったのですが、昨年、5フロアある店舗が誕生したようです。

キャトル・セゾン・トキオではメープル材ドレスラックという、ハンガーにつるした洋服をかけることのできる簡易家具を買った他、まだそこまでメジャーでない時、紅茶店・カレル・チャペックの商品をここで初めて購入しました。現在はトレインチにお店があるので、そちらの方が、品揃えが良いと思います。

キャトル・セゾン・トキオの隣には、和の商品を中心に扱う、姉妹店の「私の部屋」もあります。

多くの支店を持つIDEE SHOPは、現在、自由が丘の店舗が旗艦店になっています。

MOMO naturalはオリジナルの天然木の家具を販売しているお店です。

KEYUCAはカーテンの種類が豊富なインテリアショップ。

ちょっと自由が丘から離れますが、D&DEPARTMENTの1号店も近所にあります。

目黒通りにもあるアクメファニチャーには、もちろんアメリカのヴィンテージ家具も販売されています。

■表参道周辺のおすすめ家具店・雑貨屋はこちら

次は、表参道周辺のインテリアショップに行ってみましょう。

まずは、今は無くなってしまったF.O.B COOPでは、フランス製のグラス・デュラレックスのことを知り、
1人暮らし時代から今まで愛用しています。

今は恵比寿に移転してしまったファーマーズテーブルも、同潤会アパートにあった時代(現在は表参道ヒルズになっています)から通っていました。

骨董通り近くのMaduでは、キッチンクロスやミニ柳行李っぽいものを購入。

作家さんの作った品物が多く売られたZakkaやスパイラルの中に入っているスパイラルマーケットも好きな雑貨屋さんです。

2016年にリニューアルオープンしたメゾンオルネドフォイユでは、アスティエ・ド・ヴィラットの食器の他、
ヴィンテージ家具も購入することができます。

いくつか支店のあるH.P. DECOでも、主にヨーロッパのヴィンテージ家具を購入することが可能。こちらでも、
アスティエ・ド・ヴィラットの食器を購入することができます。

ツェツェアソシエのLEDキューブランプ マルチカラーを知ったのもこちらで、ちょっとお高めですが、面白いものがいろいろ揃っています。

Bazar et Garde-Manger(バザー・エ・ガルド・モンジェ)は、フランス人バイヤーがセレクトした雑貨を購入できるお店で、南フランスで買い付けたヴィンテージ家具も購入することができます。こちらはH.P. DECOのグループショップです。

SEMPRE AOYAMAは、骨董通りにある、機能的でありながらデザイン性もある家具や雑貨が販売されているお店です。
メゾンドゥファミーユは、パリのサンジェルマンデプレに行った時、前を通った気がするのですが、青山本店には行ったことがありません。1998年オープンだそうです。

プレイマウンテンは2000年にランドスケーププロダクツがオープンしたお店で、オリジナル家具以外にミッドセンチュリーのヴィンテージ家具なども販売しています。

Kinoは、ピンクやグリーンなどパステルカラーの棚や猫足の白いドレッサーなど、ちょっと女の子が好きそうなクラシカルでロマンチックなヴィンテージ家具も販売されているお店です。

青山には、目黒にあるロイズ・アンティークスもあり、こちらでもヨーロッパのヴィンテージ家具が販売されています。

■家具店・雑貨屋巡りはぶらぶら歩きがおすすめ

自由が丘、表参道周辺には、まだまだ注目のショップがいろいろあります。

散歩のついでに気になる店を発見するのも楽しいもの。

ぜひ、時間を気にせず、ぶらぶら歩きしてみてくださいね。

ヴィンテージ家具を探しに①~三宿、目黒、下北沢のアンティーク家具店巡り

中目黒

ヴィンテージ家具を買おうと思った時、どこで売っているのかわからない、という方もいらっしゃると思います。

今回は東京の中でもインテリアショップが多く集まる、三宿と下北沢、目黒周辺のアンティーク家具店をご紹介します。

中目黒

■ヴィンテージ家具を探しに三宿へ

三宿でアンティーク家具店、と言えば、わたしが両袖机を購入したTHE GROBEをはずすことはできません。

世田谷公園に隣接した、ガラス張りのアンティーク家具店で、1階にはカフェも併設。

4フロアからなる店内には、イギリスやフランス製の家具や小物が所狭しと置かれています。

ヴィンテージ家具だけでなく、アンティーク家具のリプロダクションやオリジナル家具なども購入できるのが、この店の特徴です。

また、ヴィクトリアン家具やカントリー家具など、いろんな種類のヴィンテージ家具を購入できるのも、こちらのお店の良い点です。

三宿ではないのですが、かなり近い場所にギャラップ中目黒ショールームもあります。

こちらはアンティーク家具店ではないのですが、海外から古材などを購入し、家具などを作ってくれるお店です。厚木にもショールームがあり、家から近いのでそこに前から行きたいと思っているのですが、まだ行けてません。ちょっとアメリカ寄りの雑貨なども購入できます。

世田谷公園から近いSEASAW DESIGNでは、ルネ・ラリックの作品の他、イームズやシャルロット・ペリアンなどのデザイナーのヴィンテージ家具を購入することができます。

三宿からは少し離れますが、下北沢のアンティーク家具店についても触れたいと思います。

アンティーク山本商店は主に日本のヴィンテージ家具を取り扱っているお店で、わりとリーズナブルな商品が多いですが、明治時代のたんすなども販売しています。

ナンセンス下北沢店では、雑貨を中心に、北欧のヴィンテージ家具なども販売しています。

■ヴィンテージ家具を探しに目黒へ

目黒と言えば、多くのインテリアショップが集まる目黒通りが有名です。

わたしは以前、目黒駅から学芸大学駅まで、目黒通りを歩いたことがあります。

2つの駅の間はかなり距離があり、ショップが点在しているので歩くのはあまりおすすめしません。

ですが、ヴィンテージ家具を中心としたインテリアを探すには良い場所だと思いました。

この通り沿いには百段階段で知られる目黒雅叙園、目黒シネマ、目黒寄生虫館、デザインホテルで知られるクラスカなどもあるので、1日たっぷりかけて巡るのもおすすめです。

わたしは揚げまんじゅうで有名な御門屋本店で途中休憩しました。

アクメファニチャーは主にアメリカのヴィンテージ家具とオリジナル家具を販売しているお店です。

シャンブル・ド・ニーム・ブロカントは、最初、わたしが欲しいと思っていたようなテーブルが売っている店です。白を中心とした、イギリスやフランスからのヴィンテージ家具が多く集められています。

ジェオグラフィカはイギリス家具を中心とした、落ち着いた色調の品揃えが特徴のインテリアショップ。

プールアニックは、ヴィンテージ北欧家具を中心に、雑貨やファブリックなどを集めたセレクトショップです。

POINT NO.39とPOINT NO.38は姉妹店で、1900年代はじめのアメリカのヴィンテージ家具や自転車、オリジナルランプなどが売られています。

ちょっと目黒通りからはずれますが、多くの店舗を持つロイズ・アンティークスの支店・エゴイストもあります。1880~1940年代のイギリス家具を多く扱うお店です。

目黒通りにはアンティークショップ以外にも、オリジナル家具を販売するスタンリーズなど、見逃せないショップがいっぱいです。

■ヴィンテージ家具ショップ巡りは楽しい!

ヴィンテージ家具は、自分の家で使うのはもちろん、ショップを巡ってどれを買おうかな、と悩むのも楽しいです。

目の保養にもなりますし、商品を見る目も磨かれる気がします。

週末はぜひ、ヴィンテージ家具ショップ巡りを楽しんでみてくださいね。

ヴィンテージ家具の思い出~アンティークの木製デスクとガラス収納棚のこと

アンティーク

ヴィンテージ家具と言えば、ちょっと高級感があり、敷居が高く感じる方も多いかもしれません。

今回はわたしが以前購入したアンティークデスクとガラス収納棚についてお話しすると共に、アンティーク家具ならではの良さについてもご紹介致します。

アンティーク

■ヴィンテージ家具を購入したきっかけ

今から20年ほど前、自宅から会社への通勤時間が長く、遅刻しそうな日は新幹線に乗って通うこともありました。

そんな時に、「1人暮らしをしよう!」と思い立ち、仕事帰りに不動産屋さんに通って、部屋を見つけました。

ある程度貯金もあったので、ちょっとおしゃれなインテリアで部屋をまとめてみたい、とインテリア雑誌をまめに見たり、インテリアショップ巡りをしたり。

家具はいろんな店でいくつか購入したのですが、ヴィンテージ家具としてはアンティークの木製デスクとチャーチチェアを購入しました。

もともとは、ヴィンテージ家具の中でも、雑誌で見つけたフランス製の猫足のような華奢なイメージのアンティークデスクを購入するつもりでした。

しかし、お店に問い合わせたところ、似た商品は入荷までしばらくかかると言われたことで、他のお店を見に行くことになり、まったく違うイメージの家具を衝動買いしてしまいました。

わたしが購入したのは三宿にあるTHE GROBEというお店で、イギリス製の頑丈な両袖机です。

また、似た色合いのチャーチチェアも机にあわせて購入しました。

■ヴィンテージ家具のある暮らし

アンティークデスクは、1Kの部屋にはかなり立派過ぎる印象があったかもしれません。

しかし、サイズを測って購入したことで、部屋にぴったり納まりました。

その時は絵の学校に夜間通っていたこともあり、パソコン作業以外にも机を使って作業することが多く、モチベーションアップにつながったところもあります。

ちょっと使い方としては間違っていますが、頑丈なので机の上に乗って、脚立がわりに使ったこともあります。
無骨な両袖机は実用的で、頼れる存在でした。

チャーチチェアは、背もたれが十字架型に切り取られているだけでなく、聖書が入れられるようにボックスも
ついていました。

■ヴィンテージ家具の良い所

購入する際に困ったことでもありますが、ヴィンテージ家具の良い所はその品物が一点ものだという事です。

なので、自分だけが持っているという満足感を抱くこともできますし、愛着がより深く湧きやすいです。

その家具がどういう経緯をたどってわたしの元にたどりついたのか、そんなことを考えるのも、ヴィンテージ家具を持つ楽しみの1つであるかもしれません。

もともと海外旅行が好きだったのですが、この家具を持つことでイギリスに以前より興味を持ち、その後、旅することになりました。

ヴィンテージ家具を持つことで、長く使い続けることの大切さも学べた気がします。

結局、その後、ヴィンテージ家具は手放してしまったのですが、ものを見る目も少し養えたと思いますし、貴重な体験ができて満足しています。

もし、引っ越しなどでヴィンテージ家具を手放す必要がある場合、ショップによっては再買い取りをしてくれるお店もあるので、そういう店を選んで購入するのも良いかもしれません。

■ガラス収納棚のこと

キッチンで食器を収納する棚としては、その当時はかなり流行っていた、白いアンティーク医療棚を考えていました。

結局購入したのは、代官山のスキップ・ア・ビート・ガーデンのガラス収納棚です。

残念ながら、このシリーズは昨年末で製造終了になってしまったようです。

手作り感あふれる木製の家具で、カラーリングを何種類か選ぶことができました。

わたしは全体が白、天板が薄い茶色のカラーリングをチョイス。今も現役で働いていますが、シンプルな色なので中に入れたカラフルな食器類が引き立つ気がします。

■ヴィンテージ家具を持つと…

インテリアやヴィンテージ家具は生活必需品ではないので、無くても困ることはありません。

でも、持つことできっと心にうるおいが生まれるはずです。

大きな買い物ではありますが、一生ものとして考えれば、決して高くはないのかもしれません。